2012年05月26日

那須野ヶ原オオタカ調査2012

3月下旬から5月上旬までの那須野ヶ原でのオオタカ調査・保全活動の速報です。
今年も那須野ヶ原で20巣(つがい)のオオタカの抱卵を確認しました。
抱卵つがい数は、ほぼ例年通りです。

28_1.JPG

抱卵開始時期の内訳は、4月上旬1巣、4月中旬11巣、4月下旬7巣、5月上旬1巣。
例年と比べて、ピークは4月中旬で変わりませんが、4月上旬開始が減って4月下旬開始が増えており、若干遅れています。
たぶん、冬の寒さ、特に4月上中旬まで冷え込んだのが、効いていると思われます。
5月10日には、栃木県と協働で密猟防止バリケードを営巣木に設置しました。

28_2.JPG

設置したのは、森の奥の人目につきにくく密猟者に狙われやすい場所に限りました。
今後はすべての巣について、巣立ちまでの繁殖調査を兼ねたパトロールを行っていきます。

今年もできるだけ多くの巣で無事巣立ってほしいものです。
posted by goshawk at 20:58| Comment(0) | 調査活動

2012年05月18日

保全地で田植えを!


ついに保全地に稲を植える時がきましたexclamation×2

<27_1.JPG

今年は初めての作業ということで農家の方のご好意で田植え機を使わせて頂きました。
まずは水を抜き、田植え機に稲をセット。

27_2.JPG

いよいよ決戦です!

まずはお手本を
は、はやい。そしてキレイだ。
ちゃっかりスタッフが後ろに乗っちゃっても全然余裕でするんるん

27_3.JPG

続いてスタッフが…
おぉ、なかなか上手いです
農家の方からもお褒めの言葉がわーい(嬉しい顔)

27_4.JPG

最後に手植えで補植して苗の並びも整えました。

27_5.JPG

田植え機はすごく早くきれいに植えることが出来ましたぴかぴか(新しい)
手で植えると時間がかかり、昔の人の大変さが骨身にしみましたふらふら

農家の方も、機械はどんどん進歩し便利になっているといっていました。
でも、作業を周りで支える人も必要で、結局、農業をやる人が減っては便利な機械も意味が無いみたいですもうやだ〜(悲しい顔)

来年はそういった話も踏まえて、皆さんと田植え作業ができたらと考えています。

今年の稲作の状況は随時ブログで更新していきます。
お見逃しなく!

最後に農家の皆様、今回も田植え機や田植えの指導ありがとうございました。
いい稲が実るように管理ガンバりますね!

27_6.JPG
posted by goshawk at 23:28| Comment(0) | 保全活動

2012年05月13日

保全地で田植えを!(5月保全活動)

5月も半ばになり、市貝町でも田植えが終盤に近づいて来ました。
今年は保全地でも田植えをやってみましょう!

まずは、保全地の整備です。
いつもどおりに草刈りをして畦をキレイにしました。
草地は、サシバが餌を取りやすいように帯状に草刈りをしてみました。

図1.jpg

ただここで問題がひとつ。
3日にひどい豪雨雨があり、水路や畦の一部が崩れてしまいましたがく〜(落胆した顔)
事前に大きく壊れたところは直しましたが、稲を植える予定の田んぼにはなかなか水がたまりませんでした。
どうも水が漏れているのと、入る水が少ないみたいです。
そこで、水の取り入れ口を2ヶ所にして、穴もできるだけ塞いでいきました。

図2.jpg

さて、きちんと溜まってくれるかな…


翌日には協力してくれる農家さんが代かきをしてくれました。
水はと言うと、しっかり溜まってくれました。
むしろ多かったみたいです。
水の調節難しいですあせあせ(飛び散る汗)

図3.png

なにはともあれ、代かき終了!
農家の皆さん、いつもありがとうございますわーい(嬉しい顔)

さて、つぎはいよいよ田植えをしますよexclamation
お楽しみにexclamation×2
posted by goshawk at 22:07| Comment(0) | 保全活動