2011年08月02日

市貝町サシバ保全地 2010秋〜2011春

2010年より栃木県芳賀郡の市貝町でサシバの生息地を保全するため、休耕田を借りて整備を行っています。

この保全地は、市貝町に多くみられる谷津田の一つです。
休耕していた場所を地権者の方のご好意で使わせていただいています。

谷津田というのは、低い丘陵地に細かく入り込んだ谷に作られた水田環境です。
しかし、そういった水田は作業の不便さや高齢化、減反政策など様々な理由により放棄されることが多くなっています。
今回、使わせていただいている水田も3年前に耕作を中断されたということです。

画像


この場所で、地権者、地域の協力者、専門家といった方々の協力を受けながら、保全活動を実施しています。
では、2010秋〜2011春の整備活動をダイジェストで!。

2010秋〜冬
まず、耕作地の現況をしるため、専門家や地元の方々との現地での検討会を実施しました。
そこででた意見をもとに、具体的な活動方針を決めて、活動を開始しました。

画像


休耕田になって2年以上たつこともあり、一面ススキとセイタカアワダチソウだらけです。
とりあえずこいつらをなんとかせんといかん、というわけで草刈です。
スタッフも慣れない草刈りに悪戦苦闘でした。

画像


画像

キレイに刈れました!

協力してくれる農家さんに休耕田の耕転をしてもらいました。
スタッフもトラクターを使わせてもらい、休耕田の一つを耕します。

画像


2011春
冬の作業ですっかりきれいになった休耕田に、水をいれました。
水がたまらなかったりしたけど、3つの休耕田のうち2つに水を湛えることに成功!

画像


状態が安定してきたころを見計らって生き物調査を実施。
ドキドキしながら歩いてみると…いました!
水田のなかにはニホンアカガエルの卵塊が

画像


てびなどにはアカハライモリやホトケドジョウの姿が見られました。

画像


これらの作業は、地元の農家の方にご協力いただいてます。
というか、その方たちがいないとここまでキレイにできませんでした。
この場を借りて、御礼申し上げます。
これからもよろしくお願いします!
タグ:生き物 保全
posted by goshawk at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 保全活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48354079

この記事へのトラックバック